スキルとアイデアで
理想の自分をめざす。

カフェ・製菓クリエイト
コース

Cafe & Pastry Arts Course

活躍する卒業生

ストリングスホテル名古屋
パティシエ
山下 千賀子さん
2014年3月卒業
愛知県/
名古屋市立工芸高校出身

先を見据えて、丁寧に。これが、美味しいお菓子を生み出す秘訣です。

レストランのデザートや、結婚式、パーティなどで使用する ケーキなどを作っています。入学当時は具体的な進路までは考えていませんでしたが、段階的に幅広い分野を学ぶなかで、現在の職業に魅力と適性を感じました。作業をするうえで心がけ ているのは「丁寧に、すばやく、きれいに」。大学でお菓子製作の一連の流れを体験したことで、常に先を見据えてものごとに取り組む姿勢が身についたと感じています。

現在の仕事内容を教えてください。
平日は主にレストランやウェディング、パーティなどで使うケーキやデザートを仕込んでいます。結婚式や大きなイベントがある休日には、完成させたものをお客さまに提供します。
仕事の魅力は何ですか?
大好きなお菓子にふれながら、一生ものの技術を身につけられること。当ホテルでは、さまざまな洋菓子を扱っているので、幅広い知識・技術が学べるのも魅力です。自分が作ったお菓子に対して、お客さまから「おいしい」「かわいい」などの声をいただけると喜びを感じますね。
仕事をする上で心がけていることを教えてください。
作業する際に意識しているのは「丁寧に、すばやく、きれいに」。また、全体の流れをシミュレーショ ンして、スムーズに仕込むことを心がけています。
これから挑戦しようとしていることはありますか?
日々の業務のなかでスキルを高め、製菓技術が詰め込まれたチョコレートの定番である、ボンボンショコラを作れるようになりたいですね。
名古屋文化短期大学での学びは仕事に活かされていますか?
成果発表の場では、技術力だけでなく、オリジナリティやスケジュール感覚も必要です。社会に出る前に、お菓子を企画から完成までの一連の流れを体験したことは、現在の先を見据えた作業に活きていますね。
名古屋文化短期大学の魅力は何ですか?
2年間をかけて、自分の得意分野を見つけられることですね。パティシエにとっての最低限の知識と技術を身につけたうえで、応用として実習でさまざまな洋菓子を作るため、必ず自分にあった分野が見つかります。
印象に残っている授業やエピソードを教えてください。
その道で活躍する外部講師の方々から、アメ細工やシュガークラフトの技術を学んだ授業は忘れられま せん。働き始めた今考えると、プロから直接教えてもらえる貴重な経験でした。
入学を検討している高校生に向けてメッセージをお願いします。
お菓子やカフェが好きだけど、自分に向いている分野や、進みたい方向が決まっていない。そんな人には名古屋文化短期大学がオススメです。幅広い分野を学ぶなかで、めざしたい将来の姿が見えてくるはずですよ。
株式会社Mon cher
パティシエ
横田 真央さん
2013年3月卒業
岐阜県/
関高校出身

楽しくてあっという間の大学での2年間は、夢への近道でした。

会社の看板商品である堂島ロールの製造や、新商品の開発を 行っています。接客の際、自分が手がけたケーキを喜んでくださるお客さまの姿を見ると、最高にやりがいを感じますね。 素晴らしい職場に出会えたのは、実践スキルが学べる実習や洋菓子店などを見学する学外授業で、早い段階から将来を意識できたおかげ。近い将来、洋菓子の本場フランスで修行して、先輩方のようにパリで活躍することが目標です。

現在の仕事内容を教えてください。
主な仕事は、会社の看板商品・堂島ロールをはじめとする洋菓子の製造や、新商品の開発です。また、実際に店舗に立って、接客や店内ディスプレイなども行っています。
仕事の魅力は何ですか?
自分が作ったスイーツや、考案したケーキを通して、お客さまに幸せとときめきをお届けできることです。ケーキを前にして喜んでいるお客さまの顔を見たときは、やりがいを感じますね。
仕事をする上で心がけていることを教えてください。
常にお客さまの立場でものごとを考え、「この商品を買いたい」と思ってもらえるようなケーキの開発、製造を心がけています。お客さまから依頼された特注ケーキの製造では、希望通りのカタチにできるよう、それぞれの想いを理解することが特に大事ですね。
これから挑戦しようとしていることはありますか?
大学の先輩方のようにパリでパティシエとして活躍するために、近い将来、洋菓子の本場であるフランスで修行したいと考えています。現在は少しずつフランス語を勉強しています。
名古屋文化短期大学での学びは仕事に活かされていますか?
スポンジやクリームなどケーキ作りの基礎、さらには材料について学んでいたので、仕事を始めたとき には、すぐさま作業内容を理解でき、スムーズに職場へなじむことができました。
名古屋文化短期大学の魅力は何ですか?
大学には専門性が高い12のコースがあり、自分の所属するコース以外の分野を学ぶ人とも交流する機 会があります。それぞれの道でプロをめざす人たちの価値観にふれながら、お互いに刺激しあって夢を追いかけられる環境は魅力的でしたね。
印象に残っている授業やエピソードを教えてください。
現役で活躍している学外講師の方々による現場目線での授業や、洋菓子店やホテル、結婚式場などを見 学する学外授業など、卒業後の進路を見据えた実践的な授業が印象に残っています。実際に自分が働く姿をイメージする良いきっかけになりましたよ。
入学を検討している高校生に向けてメッセージをお願いします。
各分野の専門知識を幅広く学ぶことができる名古屋文化短期大学。そして、身につけた知識や技術は、 実際に仕事で活かせるものばかりです。楽しいことばかりであっという間の2年間は、あなたの夢を叶えるための大切な時間になるはずです。

在学生インタビュー

カフェ・製菓クリエイトコース
服部 月さん
三重県/
いなべ総合学園高校出身

グローバルな視野で
製菓を学ぶ。

第一線で活躍されている先生による指導と海外研修の充実が、知識の広がりと技術力を押し上げてくれています。2年次にはフランスへ研修に行く予定です。積極的に学べるのは、プロの技術を近くで見て、レベルの違いを知っているから。最近では時間配分を意識した作業ができるようになってきました。

なぜ名古屋文化短期大学へ進学し、現在のコースを選びましたか?
第一線で活躍されているプロの先生方による指導や、海外研修が充実していたことが入学の決め手になりました。
どんなことを学んでいますか?
製菓・製パンの基礎知識と技術を幅広く学び、実作業を通して応用力を身につけています。毎年12月には、名古屋の地下鉄栄駅にある地下街「サカエチカ」に展示するクリスマスケーキの製作に取り組んでいます。
コースの魅力は?
プロの先生方の技術を近くで見学することができ、一人ひとりのレベルにあわせて丁寧に教えていただけるのが魅力です。
印象に残っている授業は?
有名ホテルで働かれているブランジェ(パン職人)が製パン技術を大学へ教えに来てくださったことです。お話いただいたことすべてが勉強になりました。
コースでの学びを通して成長したと思うことは?
お菓子に対する知識とアイデアに広がりが生まれたことです。また、授業時間内ですべての実習工程を終わらせなければならないので、時間配分を意識したスピーディーな進行ができるようになりました。
将来の夢や目標は何ですか?
個人経営の製菓店へ就職して、技術を磨きながら経営を学び、最終的には自分の店を持ちたいと考えています。
これから挑戦してみたいことはありますか?
名古屋文化短期大学では、さまざまな資格の取得が可能です。授業や研修に積極的に参加して、私にとって将来必要となる資格を取得していきたいですね。
入学を検討している高校生に向けてメッセージをお願いします。
短期大学とは思えないほど、多くの専門知識と技術が学べます。また、一部のクラブ活動では、大手企業と合同で商品開発などができるので、入部をお勧めします!授業とクラブ活動で忙しくなり、大変な時期もありますが、その分だけ達成感もあり、充実した学生生活を送れますよ。
カフェ・製菓クリエイトコース
森田 実生さん
カリフォルニア州/
トーランスハイスクール出身

卒業後は渡仏を予定。
いつか世界的パティシエに。

子どもの頃からパティシエになるのが夢でした。今は国家資格「製菓衛生師」の取得に向けた勉強もしています。海外研修をはじめ、有名パティシエのお話をうかがう機会など実社会に開かれたコースなので夢も大きく膨らみます。自分の店をオープンさせることを目標に充実した毎日です。

なぜ名古屋文化短期大学へ進学し、現在のコースを選びましたか?
社会人に必要とされる教養と専門的な勉強ができる部分に惹かれて入学を決めました。カフェ・製菓クリエイトコースを選んだのは、子どもの頃からの夢だったパティシエとして、海外でも活躍できる実力が身につくからです。
どんなことを学んでいますか?
就職や独立・開業に有利な製菓衛生師の国家試験対策の授業をはじめ、製菓・製パンに関わる基礎知識と技術について幅広く学んでいます。ウェディングケーキの製作やコンテストに出品する作品づくりも行っています。
コースの魅力は?
海外研修をはじめ、ケーキ店の訪問や活躍されているパティシエの話を聞く機会があるところです。良い刺激を受けて、さまざまな発想やひらめきが生まれます。
印象に残っている授業は?
「カフェ・スイーツ実習」です。メニューは簡単に作れても、テーブルセッティングは自分のセンスが試され、難しくもあり楽しい授業でした。メニューの見せ方の良い勉強になったと思います。
コースでの学びを通して成長したと思うことは?
毎年12月に学外で実施している作品展へ出品する作品づくりを通して、1年次に比べて技術や細かな表現が向上したと思います。作ったお菓子やスイーツに自分の成長の跡が見られるので、授業に参加する姿勢も自然と真剣になっていきます。
将来の夢や目標は何ですか?
自分の店をオープンさせたいです。卒業後も技術を磨き続け、世界で活躍することができるパティシエになってみせます。
これから挑戦してみたいことはありますか?
フランスへ渡ってフランス菓子の基礎を学ぶとともに、フランス語をマスターしたいと考えています。カフェ・製菓クリエイトコースで学んだことが、そこでもきっと活きるはずです。
入学を検討している高校生に向けてメッセージをお願いします。
カフェ・製菓クリエイトコースは、自分を自由に表現できるコースだと思います。お菓子作りや作品製作のどちらも前例にとらわれることなく、自分らしさをどんどん表現して2年間の学生生活を楽しんでください。

資格取得者の声

日本語ワープロ検定3級
田中 優さん
三重県/
高田高校出身

現代人に必須のパソコンスキルは
あらゆる場面で役立つ。

パソコンを活用できるようにと情報処理の資格を取得。タイピング速度が上がってiPadを使用してのレポート課題やレシピの作成が格段に速くなり、その分自習に打ち込む時間を確保できるようになりました。

NFCC製菓技術検定2・1級
岩井 明日美さん
愛知県/
春日井東高校出身

知識が増えるにつれあふれてくる
将来への熱い想い。

自分への力試しは社会に出てからプラスになると考え、さまざまな資格取得に挑戦。研修などで新たな知識を得ると、働くことへの意欲が湧いてきます。資格はもちろん、この想いも将来必ず役立つと考えています。