スタイリッシュに未来を生きる。
コース紹介

生活文化専攻

総合美学・フォトビジネスコース

FASHION CREATER COURSE

イメージフォト

生活の中に美を捉え、未来を写し出す明日への基軸を。

センスを磨く感性教育

イメージフォト『茶道概論』、『茶道実習』、『和装美学』、『儀礼文化論』では、日本に伝わる伝統的な美意識と感性を養います。畳や障子の直線的な構図に配置されることによって際立つ、着物の色や人物の曲線。袱紗の鮮やかな「赤」も、落ち着いた色の茶道具とともに使うことによって際立ちます。
茶道を通して学ぶ〈おもてなしの心〉や〈人との距離感〉なども知っておくべき大人のマナー。茶室の構造を知れば、日本家屋の建築様式の理解にもつながります。
美意識を身体で表現するために置かれているのが、『ウォーキング』や『ポージング』、そして『メイクアップ実習』。教えるのは、プロのモデル事務所から派遣される講師陣。長年、モデルとして活躍してきた経験を生かして、一人一人が最も美しく見える演出方法を学びます。
『ワイン論』や『家庭料理』、『アロマテラピー』といった生活を彩る様々な科目を履修できることも特色の一つ。興味が持てることを広く学んでほしいので、他の専攻やコースで開講している科目を履修することを奨励しています。写真に興味がなくても、教養科目と本学で開講されている広い分野の科目を履修し、卒業することが可能です。

撮影技術とデジタル処理を磨く専門教育

イメージフォト『撮影技法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』では、現在フォトグラファーとして活躍している講師陣から、撮影の技術を学びます。ジャンルは、コマーシャルフォト、動物フォト、ネイチャーフォトなど様々。カメラの基本的な知識から、異なるアングルによって出せる効果、照明の使い方も含めて、動物、人物、建築物、自然を撮影するための撮影技術を学びます。『スタジオ撮影制作Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ』では、連携している学外のフォトスタジオを使えることが大きな特色。実際にプロが使っている機材に触れながら、作品を制作できます。
撮影した写真を処理する技術を学ぶ『デジタル画像処理Ⅰ・Ⅱ』。画面や被写体を美しく変えるだけでなく、様々な加工を施して、オリジナルの写真とは全く異なる芸術的な作品に仕上げることもできます。講師はレタッチャーとして広く活躍しているプロフェッショナル。ファッション雑誌に掲載する写真をどのように加工すればよいか。パソコンの画面を楽しく操作しながら覚えてください。
結婚式の撮影時には、写真だけでなく、ビデオ撮影も求められます。撮影したビデオはそのまま渡すのではなく、編集しながら音楽やタイトルを挿入し、完成度の高い作品に仕上げなければなりません。『映像制作Ⅰ・Ⅱ』では、ビデオ撮影の技術から編集の方法まで学びます。

コース主任あいさつ


福谷 貴美子

コース主任 福谷 貴美子

感性を磨き、日常生活を豊かに彩る表現方法を学びます。
生活の中で美学を発見する感性を磨くこと。美意識を高め、作品で表現する方法を学ぶこと。総合美学・フォトビジネスコースが目指す「学び」とは、広い分野から独自の感性を高め、社会の中で実践できる力を身につけることです。例えば、茶道。日本の伝統の中で育まれた美学です。おもてなしの心や美しい所作、謙虚な心は社会に出てから様々な場で役立ちます。
感性を表現する手段として、写真を学べることも大きな特色。写真は今や生活の一部。インスタグラムにアップした写真を、世界中の人に評価してもらえるほど、身近なツールになりました。そんな中、街のフォトスタジオも変わりつつあります。例えば七五三の記念写真。求められているのは、コミュニケーション力、デザインのセンス、コンピュータスキルといった、総合的な能力。
総合美学・フォトビジネスコースでは、センスを磨く〈感性教育〉と、写真撮影の技術やデジタル処理を磨く〈芸術教育〉の二本の柱で、美意識と感性を仕事にできる人材を育成します。

学びのSTEP


1

日本文化から事務系まで幅広く学ぶ

日本文化の基礎やビジネスマナー、英語、国際理解科目を学び教養を高める。

イメージフォト

2

さらに学びを深め、自己の可能性を広げる

芸術的感性を高め、卒業制作に向けて様々な課題に取り組む。

イメージフォト



茶道、和装、料理についてさらに究める。

総合美学コースから進学すると、次のような上位資格を取得できます。
茶道裏千家許状 上級・引次/山野流着装 奥伝講師許状/全国料理学校協会「技術検定証 准教師」

イメージフォト
ココに注目!

【撮影実習・発表会など】
ポートランド語学・撮影研修(対象者限定、前期修了時)全国高校生フォトコンテスト学内外写真展覧会

【セルフプロデュース】
自分を最も魅力的に見せる方法を知っていますか。たとえば、所作、話し方、選ぶ洋服、似合う色。自分最大限に演出できれば、面接だけでなく人脈の拡大やビジネスの成功にもつながります。この授業ではモデル事務所でファッションモデルの指導に携わっている講師陣から、一人一人に合わせた自己演出法を学びます。

【アロマテラピー論】
現代社会を生きるには、ストレスと上手に付き合うことが大切。香りは心を癒し、免疫力を高めます。アロマテラピストとして活躍している講師から、基本的な香油の効能や調合法を学び、日々の生活に取り入れる方法を習得します。卒業後は、自分のストレス管理だけでなく、顧客をリラックスさせる空間演出の一つとして役立ててください。

【ポージング】
プロモデルの視点から表情、視線、姿勢などのポージングとセルフプロデュースの演習を行います。昨今ではSNSも含めて対面する前の「第ゼロ印象」が採用試験や人間関係構築を大いに左右します。クオリティの高いエントリーシートやオーディション写真を目指し撮影と確認を繰り返します。そして外見的な要素から受ける第一印象や内面的な要素を感じる第二印象へと学びを進めます。自分の印象を自分で決めて磨く力を養いましょう。

【芸術文化演習】
バレエ、歌舞伎、ダンス、音楽。パフォーマンスを見て、聞いて、感じる経験は芸術のセンスを養います。本学は都心に位置しており、美術館、劇場が徒歩圏内に点在しています。授業の後は直接家に帰らず、周囲にある本物の芸術を積極的に鑑賞して、感性を磨いて下さい。二年間の在学中に、芸術鑑賞に費やした総時間数とレポートによって、単位を認定します。

【スタジオ撮影制作 Ⅰ・Ⅱ】
赤ちゃんから大人のポートレート、集合写真、ブライダルフォトなどのスタジオ撮影ではストロボなど人口光を駆使して写真の立体感、空気感、奥行き感など表現しています。また被写体から生き生きした表情を出させるのも重要なテクニックです。それらを実践中心で習得し社会に出て即活躍できる人材を目指します。

【撮影制作 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ】
一枚の写真を撮影するのはほんの一瞬ですが、一枚の写真から表現できることは無限大です。写真の表現力を最大限生かす構図や撮影テクニックを習得し、スナップ撮影からポートレート、商品撮影まで幅広い分野での基礎撮影実技を習得します。

PICK UP


蔵がスタジオ!?葵フォトスタジオ

本学、正門脇にひと際目立つ蔵。その蔵が、本コース専用のカメラスタジオ「葵フォトスタジオ」です。蔵特有の雰囲気の中で、被写体の撮影に集中できます。スタジオだけでなく、作品展が開催できる空間でもあります。

イメージフォト
野鳥が撮れる!?みなみ山研修舎

名古屋市郊外にある、合掌造りのみなみ山研修舎。自然豊かなこの場所には多くの野鳥が訪れます。
鳥をテーマに、素敵な作品作りが楽しめます。

イメージフォト

企業からのメッセージ


新しい感性に期待します。

フォトスタジオ、ブライダルフォト業界は日々お客様のニーズが変化かつ多様化し、それに伴い撮影テクニック、商品の形態も日々進化しております。本コースのみなさんが将来新しい感性で業界を牽引し、活躍されることを期待しております。

福地 憲一様

協同組合 日本写真館協会
理事長 福地 憲一様

ハイレベルのプロフォトグラファーの育成に期待しています。

人生の大切な節目の写真は、プロによる専門スタジオでの撮影が一般的ですが、撮影技法は時代とともに変化しています。ハイレベルなプロフォトグラファーの育成のために新設される「フォトビジネスコース」は、業界からもおおいに期待されております。

上野 直也様

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
プロフェッショナルフォト
営業部長 上野 直也様

活躍する卒業生


株式会社 バロックジャパンリミテッド
moussy 近鉄パッセ店 店長・接客サービス

川村夏実さん

岐阜/多治見西高校出身
総合美学コース(現:総合美学・フォトビジネスコース)

お客様に感動いただける接客を。

接客、商品管理や店内レイアウト、店長としてスタッフ指導などに携わっています。お客さま一人ひとりのニーズに応えられるよう接客スキルの向上に取り組んでいます。NFCCで"美しさ"や豊かな教養を学び、身だしなみ・立ち振る舞いを身に付けることができたため、自信を持って、社会人としての一歩を踏み出せたと思います。

川村夏実さん
お問い合わせ
資料請求
pageTop