スタイリッシュに未来を生きる。
コース紹介

ファッションビジネス専攻

ファッションビジネスコース

FASHION CREATER COURSE

学びのポイント


プロとしての基礎を徹底

「造形の3要素(色、素材、形)」などファッションビジネス業界で必要とされる専門知識、技術を習得します。

マナーや礼儀も必須

ビジネスマナー等の対面接客能力やコミュニケーション能力を身につけ、秘書実務も習得。

コンピューターなど事務処理能力も磨く

ビジネスにおける事務能力、とりわけコンピューターを中心とする事務処理能力の習得をめざします。

インターンシップで実践力を強化

1年次春休み期間(2?3月)に専門職としてインターンシップ(企業研修)を実施し、実践力を養います。東京・大阪でも可能です。

授業紹介


販売演習Ⅰ・Ⅱ

ファッションアドバイザー(FA)の仕事は、なかなかマニュアル通りには進みません。売り場でのお客様のタイプを想定し、実践練習を交えて接客技術・商品知識を身につけます。

イメージフォト
ヴィジュアルマーチャンダイジングⅠ・Ⅱ

Ⅰでは国家試験である商品装飾展示技能検定3 級の合格をめざした知識や技術を習得します。
ⅡではⅠで習得した知識とテクニックを使い、プランから施工まで行います。

イメージフォト
テキスタイルプランニング

アパレル素材の基礎を学ぶことにより、テキスタイルの基礎知識を身につけます。オリジナルのコンセプト立案から最終的なスタイル立案までプランニングをすることで、コンセプトから一貫したデザイン構成力を養います。

イメージフォト
Web 販売

インターネットが一般化し、PC、スマートフォン、タブレットなどで服の販売はますます増え、お客様に購入してもらうにはWeb販売の知識が必要です。Web販売に必要な知識・技術を学びます。

イメージフォト
イメージコーディネート

コレクションから情報収集し、ファッションイメージをしっかり分類することで、トレンドの傾向を探れる能力を習得します。また、情報分析した結果がショップにどのように反映されているかを市場調査しながら学びます。

イメージフォト
ファッション販売英語

学生が店員と顧客とにわかれてロールプレイングを行い、実践力を養います。英文法ではなく、実践で活用できる販売英語を学びます。

イメージフォト
ブランドマネージメント概論

製造から小売を含むファッションビジネス業界にとって、「ブランドとして認知されているか」は重要な課題。時代背景を踏まえながら、業界の動きに沿ったマーケティング、ブランディングの学習を進めます。

イメージフォト

カリキュラム


[生活文化]単位
生活文化論 2
演習 2
インターンシップI 2
生活文化海外セミナーI 2
生活文化海外セミナーII 2
[造形]単位
ファッションスタイリング概論 2
ファッション文化論 2
造形の基礎 2
被服材料学 2
マテリアル概論 2
テキスタイルプランニング 2
特殊研究 2
[ファッション]単位
マーケティング論 2
ファッションビジネス概論 2
アパレル情報論 1
パーソナル色彩学 2
販売演習 2
雑貨概論 2
イメージコーディネート 2
コミュニケーションスキル 2
ウォーキング 1
メイクの基礎 1
[ビジネス]単位
秘書実務 2
ビジネス情報処理I 1
ビジネス情報処理II 1
ビジネスプレゼンテーション 2
ビジネス教養 1
ビジネスマナー 1
Web販売 2
Webデザイン 2
[人間形成]単位
創造性の開発 2
生活と倫理 2
心理学 2
[国際理解]単位
異文化の理解 2
海外研究 2
フランス語I 1
フランス語II 1
中国語I 1
中国語II 1
[英語]単位
英会話 2
英語コミュニケーションI 1
英語コミュニケーション II 1
英語コミュニケーションIII 1
英語コミュニケーションIV 1
[キャリア形成]単位
キャリアデザイン 2
情報処理演習I 1
情報処理演習II 1
情報処理演習III 1
情報処理演習IV 1
文章表現法I 1
文章表現法II 1
[技能検定]単位
技能検定I 1
技能検定II 1
技能検定III 1
[その他]単位
文化とコミュニケーションI 2
文化とコミュニケーションII 2

目標とする職業


  • ■ファッションアドバイザー
  • ■アパレル企業(総務・営業・経理等)
  • ■バイヤー
  • ■マーチャンダイザー
  • ■ファッションコーディネーター
  • ■スタイリスト

目標とする資格検定


  • ■販売士検定 3・2級
  •  
  • ■商品装飾展示技能士 3級(国家資格)
  • ■ファッションビジネス能力検定 3・2級
  • ■日本ファッションスタイリング検定 3級
  • ■秘書技能検定 2級
  • ■パーソナルカラリスト検定 3・2級
  • ■マイクロソフトオフィススペシャリスト
お問い合わせ
資料請求
pageTop