スタイリッシュに未来を生きる。
コース紹介

ファッションビジネス専攻

ファッションビジネスコース

FASHION CREATER COURSE

在学生インタビュー


ファッションビジネスコース

奥村 鴻さん

三重/
四日市四郷高校出身

NFCCは、"自分の夢"を追いたくなる大学です。

私は服が好きなので、ファッションデザインの勉強をしたいと考えていたところ、NFCCのパンフレットを見て本学のことを知りました。
NFCCは、たくさんのコースがあり、"自分の夢"を追いたくなる大学だと思います。
それぞれの専門的な知識が得られる点が魅力で、私が所属する「ファッションビジネスコース」では、販売の実技の練習や大人としての基本的なマナーが一から学べます。
楽しいと感じる授業は、「技術の授業」です。
販売のロールプレイングや名古屋市街の市場調査に行ったりなど、さまざまな楽しい授業があります。

ファッションビジネスコース

坂 菜津紀さん

三重/
津東高校出身

「ファッションスタイリング概論」は、
自分に似合う洋服やスタイリングなどが学べて、
とても楽しい授業です。

NFCCのことは、インタ-ネットを見て知りました。
ファッションが学べて、そのうえ専門学校では学べない教養科目も一緒に学べる大学である点が良いと思い本学に進学しました。
学内は、とても綺麗です。
就職活動においても、とても親身になって取り組んでいただけます。
授業では、各分野それぞれの専門の方を外部から呼んでいただき、お話を聞かせていただけます。
私が一番楽しいと感じた授業は、「ファッションスタイリング概論」です。自分に似合う洋服やスタイリングなどが学べて、とても楽しい授業です。

就職内定者インタビュー


ファッションビジネスコース

野口 詩織さん

兵庫/
啓明学院高校出身
内定先/
株式会社
F・O・インターナショナル

お客さまやスタッフ仲間から
愛される人になりたい。

専門知識も学べて、短大卒の資格もとれるところが、本学への志望動機です。
就職活動中に、子ども服なら、流行りすたりがなく、長く働けると思い、子ども服の会社を選びました。就活では、接客マナーの笑顔の練習が、役に立ちました。
また、気になる会社の説明会には、積極的に参加しました。
お客さまや他のスタッフから、愛されるスタッフになりたいと思います。

ファッションビジネスコース

水野 佑香さん

愛知/
尾北高校出身
内定先/
株式会社ローズバッド

「頼りにされる人」、
「目標にしてもらえる人」になりたいです。

自分の学びたい専門的なことも学べて、社会人としての教養を学べる授業もしっかりとあるところが、本学への志望動機です。
高校2年生のときに、四年制の大学に行こうか迷っていたのですが、本当に役立つことしか勉強したくないと思い、この道に決めました。
今、実際にアルバイト研修として、内定先で働いているのですが、こうやって実際に働いてみると、販売演習で教わったことがすごく役立っています。様々なコミュニケーション方法を学び、実際にロールプレイングをしていたので、今、すごく接客がしやすいです。
就職を考える際、私は特にここで働きたい!という会社がなかったので、ひたすら色々な企業を調べ、見に行っていました。インターネットの求人サイトでエントリーをし始めたのは3月後半でした。まずは、気になった企業に次々にエントリーしていましたが、会社説明会や面接が一気に重なってしまい、体力的にも精神的にも追いつけなかったので、2つの企業に絞って受けました。最終的に、両方の企業から内定をいただき、ローズバッドに決めました。
この先、こうなりたい!と一番思うのは、「頼られる人」になることです。
具体的に、こんな仕事をしたいというのはまだ分かりませんが、「この人なら任せられる」と、目標にしてもらえるような人になりたいと思います。

活躍する卒業生


ファッションコーディネートコース (現 ファッションビジネスコース)
2013年3月卒業

田中 麻紀絵さん

福井/
武生東高校出身
勤務先/
株式会社イッセイミヤケ

お客さまの目線に立って学ぶことが出来たのは、
実技が多いNFCCだからこそです。

バオバオイッセイミヤケの店長として働いています。スタッフの教育指導はもちろん、接客、発注、MD、VMDなど、全てに携わります。
百貨店と本社の架け橋になることも大切な仕事です。
常に、「次」のことを考えて仕事をしています。失敗も成功も一喜一憂しているヒマはありません。失敗したから、じゃあ次にどうするのか、成功したなら次も成功させるためにすぐ動いて考える。新人や部下の指導も同じです。失敗しても次につなげることができればそれでよしとする。ほめる所はほめて、出来ないことは次どうするのか一緒に考えてあげる。「今」の結果を次につなげることがMDにもつながり、お店をつくりあげます。
店長になり、仕事は増えつづけ、責任も大きくなりつづけます。それにより、悔しいことや辛いことに日々どんどん直面しつづけます。そこで止まらず、次のために前向きに先のことを考える。どんなことも良いエネルギーに変えて、自分にとりこむことで周りを巻き込んで常に前を見て仕事ができています。
NFCCで学んだことは何ひとつムダなことはありませんでした。ラッピングから接客、販売英語、そして素材のことまで、本当に細かく学べたことは、入社するにあたり大きな自信になりました。特に、バオバオは日本のブランドということもあり、海外のお客さまがとても多く、接客の半分以上は英語を使っています。インバウンドが大きな利益となる今、販売英語は最も役に立った授業のひとつです。
そして私が授業の中で一番好きだったのは、「VMD」でした。販売員として、とても重要な仕事のひとつです。センスは大切ですが、やはりこれにも基本的な知識は必要です。何をどう誰に見せるのかを考え、どう見せると効果的なのか、お客さまの目線に立って学ぶことが出来たのは、実技が多いNFCCだからこそです。
こんなことの何が役に立つのか?と思うこともありましたが、今となっては全てが仕事につながっています。10代のうちに夢を見つけ、専門的な勉強が出来るNFCCのような短期大学にいることは、素晴らしい強みです。ただその分、1年もたたないうちにすぐ就職活動がはじまります。勉強、インターンシップ、就職活動、3つをこなすことは本当に大変でしたが、今思えばとても充実していました。先生方は本当に親身になって支えてくださいます。自分のやりたいことや不安なことはすぐに恥ずかしがらず先生に自分から発信していきましょう。きっと、夢への近道を教えてくださいます。

ファッションビジネスコース
2016年3月卒業

南部 有里さん

三重/
四日市商業高等学校出身
勤務先/
株式会社オンワード樫山

ビジネスパーソンに必要なスキルを
学びました。

私の主な仕事は、店舗での接客やお客さまからの問い合わせの対応です。納品された商品の検品などストック作業、売り上げの計算や週報などの事務作業も行っています。NFCCではビジネスパーソンとして活躍するための多くのスキルを学ぶことができました。特に「販売演習」で知ったさまざまな接客スタイルは、現在の仕事にとても役立っています。授業以外でも、熱意あふれる先生やコースの仲間との交流や、独自の学内イベントなど、楽しくも貴重な時間を持てた2年間でした。

お問い合わせ
資料請求
資料請求
オープンキャンパス
pageTop