物づくりを楽しみ、
自己表現を発信する。

服飾芸術コース

Fashion Arts Course

活躍する卒業生

丹羽ベビー株式会社
企画職
東 実沙さん
2017年3月卒業
岐阜県/
大垣南高校出身

普通の高校生だった私を、先生方が服飾専門の社会人に育ててくれました。

子ども服の企画から出荷まで、全工程に携わっています。商品が世に出るまでずっと伴走するので、販売されてい るのを見かけると、誇らしい気持ちになります。今こうして仕事ができているのも、在学中に先生方がミシンの使 い方から布地や糸といった素材のことなどすべて、丁寧に教えてくださったおかげです。どんなことにも親身になって相談に乗ってくださる先生ばかりで、卒業後も交流が続いているほどです。

現在の仕事内容を教えてください。
お客さまとの商談・打ち合わせ、サンプル作成、絵型の作成、プリントの指示書や縫製仕様書を書いたりするのが主な仕事です。場合によっては、仕上げを手伝うこともあります。
仕事の魅力は何ですか?
服づくりの最初から最後まで携われるのが魅力です。一連の流れを知ることで、服がどのように作られて売られていくのかを実感。大きな企業では経験できないことだと思います。
仕事をする上で心がけていることを教えてください。
人よりも多くコミュニケーションをとること。まだ分からないことばかりなので、少しでも不安があれば必ず誰かにチェックしてもらうようにしています。自分から積極的に質問すると、知らなかった内容を理解するだけでなく、お互いの状況を把握することにもつながります。
どんな時に仕事のやりがいを感じますか?
商品の企画から出荷まで携わっているので、大きなミスなく商品が店頭やネットショップで売られてい るのを見ると達成感があります。
名古屋文化短期大学での学びは仕事に活かされていますか?
在学中に学んだ、あいさつや目上の人に対する言葉遣いなど、社会人としてのマナーが活かされていま す。名刺交換や商談で他社を訪問した時など、学んでおいて良かったなと思ったことが何度もありました。
名古屋文化短期大学の魅力は何ですか?
どの先生も親身になって相談に乗ってくださるのが魅力です。今でも何人かの先生とは交流が続いていて、仕事のアドバイスをいただいたりしています。
印象に残っている授業やエピソードを教えてください。
服飾について何も分からなかった私に、ミシンの使い方などを先生たちが丁寧に教えてくださいまし た。最初はできないことばかりで、弱音を吐いたりしていましたが、卒業する頃には自立してなんでもできるように成長。今も感謝の気持ちでいっぱいです。
入学を検討している高校生に向けてメッセージをお願いします。
初心者でも基礎からしっかり教えてもらえるのが名古屋文化短期大学です。最初は何も分からなかったとしても、卒業する頃には自分の得意なことや強み、目標などが必ず見つかると思います。
タキヒヨー株式会社
ニットデザイナー
鈴木 亜利沙さん
2008年3月卒業
愛知県/
豊田高校出身

クリエイターに必要な創造力と技術力が育まれる環境があります。

自分が描いたイラストが服になり、商品として市場に流通していく過程は、何度経験してもうれしいことです。社会へ出てみると 大学での学びすべてが必須だったと実感され、恵まれた環境だったことに感謝しています。現場で活躍されてきた先生方が経験からなる知識を惜しみなく教えてくださり、学生の個性や感性を否定せず、何でも自由に取り組ませてくださったおかげで今の自分があります。

現在の仕事内容を教えてください。
ニットセーターの企画デザイン、サンプル作成から生産指示までを行っています。お客さまからの依頼品生産はもちろんのこと、年4回開催される自社展示会でもサンプルを発表し、営業担当や商品計画担当者と連携しながら海外のメーカーへ生産指示をしています。
仕事の魅力は何ですか?
自分が考えたデザインが商品化されていくことです。最初はイラストだったものが服になり、商品として市場に流通していく過程は、何度経験してもうれしいですね。
仕事をする上で心がけていることを教えてください。
今流行っている服はどんなものか、話題になっていることは何か、必要とされているものは何か、常に視野を広げ、アンテナを張り続けています。
これから挑戦しようとしていることはありますか?
ニットのデメリットを克服した商品づくりに挑戦しています。たとえば、フワフワした毛羽のある糸で作ったニットは、すぐ毛玉ができてしまいます。毛羽同士が絡みにくい糸を開発したら、毛玉のできにくいニットを作ることができるかもしれません。お客さまの喜ぶ顔を思い浮かべるとワクワクしますね。
名古屋文化短期大学での学びは仕事に活かされていますか?
思い描いたデザインをカタチにする技術が集約されている「パターンメイキング」の授業で学んだことは、私の基礎になっています。人の身体の凹凸具合や縫製の過程を知らないと、実現可能な正確なデザインを描くことができないため、デザイナーにとっては重要な知識です。
名古屋文化短期大学の魅力は何ですか?
現場で活躍されていた先生方の豊富な知識を惜しみなく教えていただけるところです。また、個性や感性を否定することなく、作りたいものを自由に作れるだけでなく、適切なアドバイスまでしていただける環境は貴重であり、魅力だと思います。
印象に残っている授業やエピソードを教えてください。
「テーブルマナー」の授業です。社会人になると同僚や上司だけでなく、お客さまと食事をご一緒させていただく機会が多くあり、「あの時に教えてもらったことだ!」という瞬間が何度もありました。社会に出てから恥をかかないようにという、親心だったと感謝しています。
入学を検討している高校生に向けてメッセージをお願いします。
個性を活かしながら自分らしく学びたい方におすすめできる大学です。選べるコースも多種多様で、経験豊富な先生方とアットホームな空間で学べる環境はなかなかありません。海外研修制度などを活用して、経験値を高められるので、自分の可能性も広がります。名古屋文化短期大学で、充実した学生生活をスタートしてみてください!

在学生インタビュー

服飾芸術コース
杉浦 朱音さん
愛知県/
碧南高校出身

服をつくる人になるための
恵まれた環境。

1年次は服飾だけでなく、英会話や情報処理などの教養も身につけています。裁縫ツールなどの備品が充実しており、先生方が丁寧に指導してくださるので、苦手だった作業も克服できました。同じように服をつくることが好きな仲間たちに感化され、アイデアも広がって毎日が楽しいです。

なぜ名古屋文化短期大学へ進学し、現在のコースを選びましたか?
アイドルの衣装が好きなので、将来はそのような衣装に関わる仕事ができればと思い、ファッションクリエイターコースを選びました。
どんなことを学んでいますか?
自分でデザインした衣装を図案・型紙に起こしていき、断裁・縫製をして服を製作する技術を学んでいます。服の造形と服飾の基礎を学ぶだけでなく、英会話や情報処理、キャリアデザインなどの教養科目についても学んでいます。
コースの魅力は?
私と同じように服好きな人たちが集まっているところです。自分とは異なる感性や才能を持つ仲間たちと学ぶなかで、今までの自分からは出てこなかった考えやアイデアが不思議と生まれてきます。
印象に残っている授業は?
イメージ通りのデザイン画を描く技術を学ぶ「ファッションドローイング」の授業です。描くことが苦手だった私でも、先生が丁寧に教えてくださったおかげで、描けるようになりました。
コースでの学びを通して成長したと思うことは?
一つのことを最後までやり遂げる力がついたことです。お金と時間を費やし、自分で考えて作り上げた服が完成した時のうれしさを知ってしまったので、一度はじめたことを途中でやめてしまう考えができなくなりました。
将来の夢や目標は何ですか?
お金のない地下アイドルに、安くてかわいい衣装を作ってあげるのが夢です。そのためにも、卒業後も技術を磨き続け、必ず実現したいと考えています。
これから挑戦してみたいことはありますか?
学外のファッションショーに参加し、学びの成果を試してみたいです。同じように服飾を学んでいる他大学の学生とも交流が持てるので、自分には無いものを見つけて貪欲に吸収したいですね。
入学を検討している高校生に向けてメッセージをお願いします。
一緒に学ぶ仲間たちは、普通科や商業科高校出身の人も多いので安心してください。自分の目標が明確であればあるほど、すてきなキャンパスライフが待っています。受験がんばってくださいね!
服飾芸術コース
川合 日和さん
宮崎県/
富島高校出身

知識・技術を強みに
将来を切り拓いていく。

1年次に学んだ知識・技術を応用し、自分で考えたデザインをもとにドレスやコスチュームを製作しています。就職を考えるとパタンナー、スタイリスト、デザイナーなど今のスキルが活かせるさまざまな仕事が浮かび、まだ一つに絞りきれていません。大好きな服にずっと携わっていきたいです。

なぜ名古屋文化短期大学へ進学し、現在のコースを選びましたか?
パターンメイキング技術検定の取得に向けたサポートをしてくれる大学を探していて見つけたのが、名古屋文化短期大学でした。パターンメイキングとは、ファッションデザイナーが作成したデザインをもとに、パターン(型紙)におこしていくことをいいます。
どんなことを学んでいますか?
1年次に学んだファッションデザイン・造形に関する基礎知識と技術を応用し、実際に自分で考えたデザインにもとづくパターンを展開して、縫製していく作品製作に取り組んでいます。
コースの魅力は?
分からないことや教えてほしいことを、先生がしっかり丁寧に教えてくださるところが魅力です。知識や技術がなくても、安心して学べます。
印象に残っている授業は?
「ドレスデザイン」の授業です。高校の家庭科の授業とは違い、ドレス製作について基礎からしっかりと学べるので、新鮮な気持ちで授業に参加できます。
コースでの学びを通して成長したと思うことは?
創作には集中力が必要です。実制作を通して私自身の集中力の切れ目が分かり、効率的に作業を進められるようになりました。1日中同じような作業をしても、飽きたりすることがなくなったと思います。
将来の夢や目標は何ですか?
パタンナーやスタイリスト、デザイナーなど、色々な仕事を経験してみたいです。挑戦したい魅力的な仕事が多すぎて、一つに絞ることができません。今は技術を磨いて自分の強みを作っていければと考えています。
これから挑戦してみたいことはありますか?
大好きな服をずっと作り続けていきたいです。そのためにも、ファッション業界で活躍できるだけの技術力と創造力を磨いています。
入学を検討している高校生に向けてメッセージをお願いします。
裁縫道具などの備品が充実しているので、製作しやすい環境です。好きな服を自分で考えて作ってみたい人には、ピッタリのコースだと思います。

産学連携事業参加者の声

エアアジア・ジャパン連携事業参加
酒井 詩織さん
富山県/
入善高校出身

取り組みから専門的な知識を得て、
視野が広がった。

エアアジア・ジャパンの浴衣デザイン事業に参加し、実際に企業の方々とディスカッションしたり、デザイン提案したりするなど、取り組む過程を通して視野が広がりました。

コンテスト受賞者の声

山田学園主催 NFコレクション
NFCC・NFITの部 グランプリ受賞
夘之原 シオンさん
愛知県/
大府高校出身

2年間の集大成で将来への
自信を深めたグランプリ受賞。

高校生とのジョイントファッションショーでグランプリを獲得。授業で学んだ知識と自ら勉強したワッシャー加工の技術を結集させた作品で最高の結果を出せたことは、大きな自信につながりました。

就職内定者インタビュー

内定先

株式会社タカラ
タカラアイル
佐藤 万帆子さん
愛知県/
佐屋高校出身

授業で学んだ専門知識と
大学の就職サポートが
面接で活きました。

縫製や服飾デザインを学ぶなかで婦人服の製作に興味を持ち、就職活動では高度な縫製技術に惚れ込んで内定先企業を志望しました。面接では、授業で学んだ服の造形に関する専門知識や、事前に指導を受けていた面接対策が役立ち、緊張することなく自分の想いを伝えることができました。今後は、国家資格の取得に挑戦したいと考えています。