スタイリッシュに未来を生きる。

NFCCからのお知らせ

NFCC TOPIC

マーケット便り⑩~AIR CANADAが中部国際空港に2017年6月より就航!!


 エア・カナダ(AC)は2017年6月より、週4便(火・水・金・日)体制で中部国際空港(セントレア)からカナダ・バンクーバー国際空港を結ぶ路線を開設することとなりました。

 AIR CANADAは、1937年に設立され、現在、ルフトハンザ航空、ユナイテッド航空、全日空をはじめとする27社の航空会社が加盟するスターアライアンスに属し、カナダケベック州のモントリオールを拠点に世界241都市に就航しています。

 新路線発表後、大手旅行会社が発表している中部国際空港発の直行便を利用した海外旅行パッケージ商品は、カナダ旅行のハイライトである、カナディアンロッキーツアーやナイアガラ瀑布ツアーなど売れ筋の商品ラインナップとなっています。また、モントリオールやケベックなどの東カナダ旅行の商品企画も今後積極的に推進されます。

 これまでの中部国際空港から国内線を利用して成田国際空港や羽田国際空港へ乗り継ぐ時間を大幅に短縮できることによる利便性をアピールでき、バンクーバー経由カルガリー、トロント、モントリオールなどの都市へのアクセスが更に容易となり、今後の中部地方からのカナダ行きの団体・個人観光客・ビジネス客の大幅な拡大が予想されています。

 使用機材はボーイング767-300ER型機(席数214)にて運行。

クイーンエリザベスホテル.jpg

お問い合わせ
資料請求
pageTop