スタイリッシュに未来を生きる。

NFCCからのお知らせ

NFCC TOPIC

専攻科「生活と芸術Ⅰ」フラワーデザインの授業をご紹介!


専攻科グレイセスコースの授業のひとつである、関 泰博先生による「生活と芸術Ⅰ」(フラワーアレンジメント)の授業についてご紹介いたします。
関先生のお授業では、生命ある花をいつくしみ、個々の花の個性を見つけ表現・提案ができる事を目標に
生花・ドライ・プリザードフラワーと色々な教材にアプローチし、作品を作成します。

DSC_1533.JPG


【GRACESコース1年 猪俣 朋未さんの感想】

作品は、パリのマルシェで買った花束のイメージです。ガーベラやひまわりなどの明るい生花を使い、花束を仕上げました。

DSC_1532.JPG

花束なので、全体が丸いシルエットで可愛らしくカジュアルな印象になるように作りました。
丸いシルエットにするのは難しく、何度もバラして作り直すということを繰り返しました。ずっと握っていると、花が弱ってしまうので、生花のフレッシュさを保つように気をつけました。

DSC_1544.JPG

礼装の時に渡す花束も華やかですが、気軽に、ふとした時に感謝を伝える手段として花束を用いるのも素敵なコミュニケーションの手段だなと思いました。

自宅に帰って花瓶に活け直すと、また違った表情を見せてくれて、一つの花束で、二度楽しめました。


お問い合わせ
資料請求
pageTop