スタイリッシュに未来を生きる。

NFCCからのお知らせ

NFCC TOPIC

「第1回 高校生朗読コンクール」のミーティングを行いました。


7月19日、13時半、名古屋文化短期大学のガーデンカフェに全審査員が一堂に会し、顔合わせを行いました。
「高校生 朗読コンクール」の審査基準や方法について、およそ1時間にわたり、活発な意見交換が行われました。

IMG_4586.jpg

審査は、作品の世界観を理解し、人に伝えるための適切な発声や発音がなされているか、「間」や「スピード」が適当かなど、独自に策定した基準で評価します。

記念すべき第1回になるよう、審査委員には、本学の教員だけではなく、新美南吉記念館長の山本英夫氏、
そして、前・愛知県高等学校文化連盟放送専門部会長の梅藤仁志氏を迎えています。

優秀賞の上位3名には、名古屋文化短期大学(NFCC)賞として表彰。その中から、最優秀賞(MVP)1名を選出致します。
優秀賞者には、本学の入学者選抜におけるスカラシップ特典を付与。
そのほか、新美南吉記念館賞の創設を予定しています。

この度、7月中旬には、正式に半田市教育委員会の「後援」を受けることができました。
これは、本コンクールが、「教育の向上、普及又は振興に寄与し、かつ教育的効果が期待できると判断された」と言うことができます。

現在、特別、放送部や演劇部に所属している必要はありません。
東海エリアの高校生の皆さんで、朗読に少しでも興味がある方の積極的な応募をお待ちしています。
新美南吉の作品に触れ、朗読に親しむ夏休み、悪くないと思います。

お問い合わせ
資料請求
pageTop