スタイリッシュに未来を生きる。

NFCCからのお知らせ

NFCC TOPIC

世界で通用するスキューバダイビングのライセンスを取得


本学には、20年以上続いるスキューバダイビングの学外研修があります。
今年は、8月7日(月)が台風のため、10日(木)と11日(金)の2日間で初日の分を補うスケジューリングでプール実習が行われました。そして8月17日(木)、18日(金)の1泊2日、福井県丹生郡越前町厨で海洋実習が行われました。

①.jpg②.JPG③.JPG

この研修は、出来るまで根気よく繰り返すことをモットーにしているので身体を動かすことが苦手という学生も「PADIオープンウォーターダイバーカード」を取得しています。
今年は4名全員の受講生が晴れてスキューバダイバーの仲間入りをしました。

⑥.JPG⑤.JPG④.JPG

学外研修・スキューバダイビング担当 大島博人


【声優・タレントコース1年 藤井知生さん感想】
スキューバダイビングは、いろいろな機材が必要です。その中に顔に装着し、鼻まで覆うマスク(ゴーグル)があります。そのマスクを上手く使うには鼻で呼吸をしてはいけません。いつもしていることができないのはとても不自由でした。呼吸するだけでもこんなに難しいなら私には無理だと思いました。
しかし講師の方が絶対できると励ましてくれたので、少しずつできるようになりました。
その他にも難しいことはたくさんありましたが、それを1つ1つマスターすることできました。今回の研修で諦めないことを学びました。


【総合美学コース1年 平松実樹さん感想】
この夏、私はスキューバダイビングの学外研修に行きました。初日のプール実習が台風で中止となり、例年より1日の実習内容がたくさん詰まったハードなスケジュールになったようで、少し遅くまで行われました。どうにか予定のカリキュラムでスキューバダイビングに必要な基本スキルを身に付けることができました。
海洋実習は、福井県の越前で行われました。当日の天気は雨予報でしたが、2日とも実習中は太陽ものぞくよい天気でした。
海中の透明度も充分あり、楽しいレクリエーションダイビングを満喫することができました。


【総合美学コース1年 桑原 葵さん感想】
海に興味がなかった私がスキューバダイビングのライセンスを取る切っ掛けになったのは、海の中の生物を映し出したあるテレビの映像でした。実際に潜ってみると、映像よりはるかに素晴らしく、沖縄やハワイで潜ったらきっとこの数倍も美しいだろうと思いました。


【総合美学コース1年 伊澤朱莉さん感想】
今回スキューバダイビングの研修に参加するにあたり、泳ぐことが苦手なので、少し心配でした。しかしいろいろな機材を付けるので思っていたよりも楽でした。また呼吸も少し苦しくなるのかと不安でしたが、そうでもなく至って普通で驚きました。
プール実習の時は、スキューバダイビングの1つのポイントである耳抜きが上手くできず、深いところまで行けませんでした。しかし海洋実習では、耳は痛くなく、想像よりも上手に潜ることができました。
スキューバダイビングの楽しさを充分実感できたので、機会があれば世界の有名なダイブスポットで潜りたいと思いました。



お問い合わせ
資料請求
pageTop