スタイリッシュに未来を生きる。

NFCCからのお知らせ

NFCC TOPIC

高校生朗読コンクールの予備審査が行われました


8月19日(金)に応募を締め切った「高校生朗読コンクール」の予備審査が
8月22日(火)、名古屋文化短期大学のC館の305教室で行われました。

愛知、岐阜、三重の東海エリアだけに応募を限定したものではありましたが、
地元が生んだ童話作家、新美南吉作品の人気は大変根強く、
10の高校、34名の高校生から気持ちのこもった応募がありました。

本学の「声優・タレントコース」主任の早川敦子先生が審査委員長を務め、
審査員は、元・中部日本放送アナウンサーで現在はフリーアナウンサーの
所真理子先生、劇団パンジャーボンバーズ主宰で女優もこなす西山諒先生、
新美南吉記念館長の山本英夫氏、そして、前・愛知県高等学校文化連盟放送
専門部会長の梅藤仁志氏。

5名の審査員がプロの目線で各作品に対し、点数を付け、
際どい得点者には、テープを何度も聞き直し、お互いの「朗読論」で
白熱するという緊迫した場面も見られました。

IMG_5350.jpg

4時間を費やした審査で、入選者10名が無事に決定。
本選の審査を経て、「優秀賞」3名、その中から、
1名に対し「NFCC高校生朗読コンクール最優秀賞」が贈られます。
入選者10名には、本学の入学者選抜におけるスカラシップ出願資格が付与されます。

9月16日(土)に、本選のために本学にお越しいただく生徒様、
惜しくも予選通過に至らなかった生徒様にも、来週31日までに各高校宛に、
結果を郵送で通知致します。

また、入選、優秀賞、最優秀賞者の高校名、及び氏名は後日公表致します。

NFCC 高校生朗読コンクール実行委員会



お問い合わせ
資料請求
pageTop