スタイリッシュに未来を生きる。

NFCCからのお知らせ

NFCC TOPIC

食生活専攻オープンキャンパス 11月19日(日)


食生活専攻 カフェ・製菓クリエイトコース
パティシエ技法 ~アメ細工のデセール、フレーバーティーと共に~

食生活専攻 食美学・料理研究コース
マナー研究 ~日本の伝統文化やマナーを学ぼう~

今回は2つの体験授業について報告します。
カフェ・製菓クリエイトコースの体験授業では、本学の非常勤講師の久保田先生による、パティシエ技術の1つである「アメ細工」を勉強しました。

最初久保田先生によるアメ細工の実演を行い、その後1人ワンプレートのデセールに仕上げました。
アメ細工の実演ではアメ細工の脆さや特徴(固まる速さや光沢の出し方など)、使い方などを勉強しました。

それらを用いて実際に葉っぱを作りました

IMG02278.jpg

デセール仕立てにするアメ細工はシュクレ・フィレという技術を使用しました。各自作りましたが、みんなとてもきれいにアメを引いていました。

IMG_20171120_144811.jpg

お皿にはイチゴのソース、フランボワーズ、ブルーベリーを飾り、スポンジの上にアイスクリームを乗せ、シュクレ・フィレをトップに。皆さんとても上手に仕上げておりました。

高校生の生徒さんは「すごい」「きれい」と連発して先生の技術の高さに圧倒されておりました。

IMG02271.jpg

IMG02287.jpg

続いて食美学・料理研究コースの体験授業の報告を致します。
食美学・料理研究コースは、マナー研究の体験授業を行いました。
講師は、中島和美先生です。

「日本の行事 季節を感じる豊かな暮らし方」をテーマに、ハレとケ、節句、二十四節気についてを学び、最後に食文化の面白いお話しをしながら、くりきんとんをお召し上がりいただきました。

IMG_20171119_113902.jpg

「くりきんとん」と聞くと、東海地方の人々は、栗に砂糖を加え練って作る和菓子のことを思い浮かべます。しかし、全国的には、お正月のおせち料理でいただくさつま芋に砂糖を加え練ったものに栗の甘露煮を加えた「栗金団」が一般的だそうです。

そんなお話をしながら、今回はモンゴルからの留学生の方にご参加いただいたため、モンゴルと日本の文化の違いについて楽しくお話をすることができました。

そして、日本の行事、食文化のお話から、日本のおもてなしの心に大変興味を持っていただくことができました。

次回オープンキャンパスは12月10日(日)に開催されます。
調理師・フードスペシャリストコースはフランス料理実習「Viandes(肉料理)」
食美学・料理研究コースはクリスマスオーナメントを作ろう
カフェ・製菓クリエイトコースは、クリスマスケーキにチャレンジ!です。

そして、食生活専攻の学生による卒業作品展、アイシングクッキーとクリスマスリースを作るワークショップも同時開催いたします。
次回もたくさんのご参加をお待ち致しております。

お問い合わせ
資料請求
pageTop