スタイリッシュに未来を生きる。

NFCCからのお知らせ

NFCC TOPIC

専攻科マスターコース留学報告Ⅶ【NY、ダンス】


ニューヨークに来て、2ヶ月が過ぎようとしています。本場でダンスを学ぶことができて本当に楽しく幸せな毎日です。
今週は舞台のショウケースの本番でした。ニューヨークに来てこんなに素敵な出演のお話をもらい、ダンスメンバーに出会えることができてこの幸せな気持ちは言葉で言い表せられないくらいです。

ショウケースのリハーサルは本当に大変でした。自分自身の事でいっぱいになる中,みんなで1つの振り付けを踊るための協調性や良いものを作ろうと同じ気持ちがとても大事だと思いました。私だけでは力不足な事も相談したり、共に過ごすことで、みんなが楽しく踊れたと思うし、短期間で作り上げることができたと感じます。

今回のショウケースは、二回公演でした。今回の踊りは「バードランド」です。ストーリー性も強くあって表現をするのが難しく、先生からはストーリーと大まかな表現を言われただけでどのように表現をしたら良いかとても悩みました。自分でイメージを明確にしたいと思い、表現に関して付け足したりもしました。それが合っているのか不安でしたが、表現に関しては合っているのか間違っているのか気にするなと言われたことを思い出して、それを貫く事が出来ました。衣装も、メイクもやったことのない着たことにない物だったので始めはとても抵抗がありましたが、着るたびに慣れていきました。全身タイツを着て、鳥のメイクをして舞台に立つことが私の人生に起こるなんて驚きです。

本番はみんなで助け合ってメイクもやり、本当に楽しく踊ることが出来ました。このメンバーでバードランドを踊るのは最初で最後だと思うと寂しいですが、何と言ってもショウケースが無事に終わり成功した事が一番嬉しい事で、みんなで頑張った甲斐があったなと思います。

2.JPG
【衣装とメイク】

1.JPG
【出演メンバー】

3.JPG
【メイクの先生】

専攻科マスターコース1年 中山 真由香

お問い合わせ
資料請求
pageTop