スタイリッシュに未来を生きる。

NFCCからのお知らせ

NFCC TOPIC

専攻科マスターコース留学報告Ⅸ【イギリス、美容】


月曜日と火曜日はRetford Collegeでの授業がありました。今週の課題は「フィンガーウェーブ」で1日目は学生の髪で、2日目はヘッドブロックを利用して練習をしました。いつもデザインを考える時間がなく、全く使ったことのない道具ばかりを使用して作品を作り上げなければならないので、頭をフル回転させて作品作りに取り組みました。

【1日目】 
学生の髪にはブライダルをテーマにしました。まず、スティック状のコテを使いながら巻いて行くのですが、私は今まで見たことも使ったこともなかったので、先生に1度デモンストレーションをしてもらいましたが、よくわからないまま実際に使ってみることになりました。髪を巻くところがたくさんあったため、様々な角度にしたり、巻き始めを変えたりと自分なりに考えながら、巻きました。

その後、完成図を頭に浮かべ、ブロッキングを取り始めました。フィンガーウェーブを作る際にセットローションが水のようで、髪が思うように動いてくれず、固まるのにとても時間がかかるため、なかなか次の作用に移ることができませんでした。日本では、ジェルを利用して作るため、髪の動きを簡単に変えることができるし、速乾でも時間がかからないので、作業がスムーズにできます。苦戦しましたがなんとか最後までやりきることができました。

1.png
【学生モデル正面】

2.png
【学生モデル側面】


【2日目】
ヘッドブロックを使った練習では、両サイドにフィンガーウェーブを作っていきました。前日の授業練習もあって、今回はスムーズに作ることができるようになりました。色々なヘアプロダクトを使いながら、少しずつ作り進めていきましたが、途中で先生に「このヘッドブロックをどこかに飾ることにする」と言われ、私は練習のつもりで作っていたので、驚きました。時間も余り無く作り直すことはできず、どうにかまとめました。作品を飾っていただけてとても嬉しかったです。今回、練習でも、いつも本番を想定して準備が完璧な状態で行うことが大切だと学びました。

3.png
【ヘッドブロック側面】

4.png
【ヘッドブロック後面】

専攻科マスターコース 山田 遥水

お問い合わせ
資料請求
資料請求
オープンキャンパス
pageTop