スタイリッシュに未来を生きる。

NFCCからのお知らせ

NFCC TOPIC

専攻科公開講座「華麗なる紅茶の世界2018」が開催されました!


9月29日(土)に熊崎俊太郎先生を講師にお迎えし、第11回専攻科特別公開授業「華麗なる紅茶の世界2018」が、本学サンタクルスで開催されました。
当日は、一般参加者、同窓会、在学生、オープンキャンパス参加者(高校生と保護者)と、幅広い世代の方々にご参加いただきました。

!cid__f_jmpnfihj0_.jpg

【熊崎 俊太郎先生 講座風景】


今年のテーマは「スリランカ紅茶」でした。世界的な紅茶の名産地である、緑豊かな南国のセイロン島で作られた3種類の紅茶を飲み比べ、その特徴やお菓子との相性などを、アフタヌーンティー形式で楽しみながら学びました。


スリランカの茶葉の産地は標高によって3つに区分されています。

・ハイ・グロウン...(標高約1200m以上の高地産)すっきりとした味わいで上品な渋味が特徴的。和菓子などにも合う紅茶。

・ミディアム・グロウン...(標高約600~1200mの中地産)キャンディのように芳醇な香りと口当たりの良さが特徴。

・ロー・グロウン...(標高約600m以下の低地産)コクがありカカオのように甘く、香ばしい風味が特徴。キャラメルやチョコレートケーキなど、どっしりとしたお菓子に合う紅茶。

現代は、食のトレンドもあっさりとしたライトなものに変化しているので、ロー・グロウンのような、クラシカルな紅茶よりも、華やかな香りですっきりとしたハイ・グロウンの紅茶が人気を集めているそうです。



!cid__f_jmpnfiiz4_.jpg


お客様はスコーンやサンドイッチ、モンブランと一緒に3種類の紅茶を試飲し、味の違いを楽しんでいらっしゃいました。やし蜜入りのキリテー(ミルクティー)も大好評でした。

お問い合わせ
資料請求
資料請求
オープンキャンパス
pageTop