スタイリッシュに未来を生きる。

NFCCからのお知らせ

NFCC TOPIC

グローバル観光学 report⑤(台湾研修)


台湾研修へ行ってきました!

中部国際空港出発.JPG

グローバル観光学コース2年生が、9月11日(火)~13日(木)の2泊3日の日程で台湾に行ってきました。


初日は、中部国際空港発のチャイナエアラインの747-400の機材(ジャンボジェット機)で約3時間の空の旅を楽しみ、台湾の大都市、台北市の桃園国際空港に到着しました。午後は、蒋介石元総統を記念して、1980年に完成した中正紀念堂(高さ70Mの壮大な白亜の純中国式建築)や1938年創建、台北で最も長い歴史を誇る寺廟で、極彩色に彩られた絢爛豪華な廟建築を誇り、精緻や彫刻が屋根や柱に施されている龍山寺を視察し、台湾の人々の歴史認識や、生活の一部になっている信仰についても深く知ることができました。


龍山寺.JPG

二日目は、世界四大博物館の一つであり中華歴代の至宝を収蔵する故宮博物院に見学に行き、玉器(翠玉白菜)や陶磁器、青銅器や明代から清代にかけて発展した象牙彫刻などの傑作を拝見することができました。午後は、台北郊外の金鉱の街として栄えた雰囲気を残す、名作映画「非情城市」の舞台である九份に行きました。1890年代の金鉱の発見でゴールドラッシュの沸いた面影が残る街で、基隆の海を望む山の斜面に急な石段や石畳の小道があり、古い家並みが続き、古き良き時代の名残が一杯の素敵な街を見ることができました。


忠烈詞.JPG

最終日は、午前中自由視察で、学生それぞれが自由な研修の時間を過ごしました。午後は、今回特別に、嘗て世界10大ホテルに入っていた中国建築で有名な圓山大飯店に見学に行きました。世界の著名人も多く宿泊され、その当時のパネルも拝見することができ、良いホテル視察になりました。

圓山大飯店 (1).JPG

お問い合わせ
資料請求
資料請求
オープンキャンパス
pageTop