食生活専攻 卒業作品展を終えて

12月9日(日)に開催された、食生活専攻 卒業作品展の結果発表をします。

調理師・フードスペシャリストコースの学生は、飼沼佑里恵さんが調理師会長賞受賞しました。


飼沼さんの作品は、木のぬくもりを感じられる温かみのある
テーブルコーディネートに仕上げられており、盛り付けも工夫を凝らし、
余白のある盛り付け方にされていました。


どの学生も2年間で培った技術を元に、工夫を凝らした作品に仕上げる事が出来、良かったです.

1545271126831.jpg

      調理師会長賞 飼沼佑里恵

食美学・料理研究コースの学生は、山口莉世さんの「飲茶の会」が、
日本フードコーディネーター協会賞を受賞しました。


中国のカフェ「飲茶」をイメージしたお皿をポーセリアンアートで作り、
テーブル全体をコーディネートしました。
ポイントは屏風!ボードを切り抜き、布を貼りつけ蛇腹にしました。
小物使いにもこだわった作品に仕上げました。


他の学生達も、お皿を作る所から、一生懸命取り組んでいました。
思い思いの作品に仕上がり、良かったです。


1545271097908.jpg

日本フードコーディネーター協会賞 山口莉世



カフェ・製菓クリエイトコースの学生は、
森田実生さんのアメ細工が製菓衛生士養成施設協会賞を受賞しました。

どの生徒も時間をかけ、何度も見直しながら丁寧に作っており、

満足の良く作品が出来てとても良かったです。

IMG01943-1.jpg

製菓衛生士養成施設協会賞  森田実生


この卒業作品展を機に、卒業してからも各分野で、更なる技術を身に着け、
活躍することを楽しみにしています。