グローバル観光学コース

海外のお客様からも注目される「お・も・て・な・し」

8月31日のグローバル観光学コースの体験授業は「ホスピタリティ演習」です。

数年前の東京オリンピック招致スピーチで、滝川クリステルさんが示した 「O MO TE NA SHI 」「お・も・て・な・し」が流行の言葉となり、いまや日本のサービスやホスピタリティを表す言葉とされるようにもなりました。
日本流おもてなしを体現しているといわれているのが、JAL、ANAの航空会社や日系のホテルです。
また公共交通機関、レストラン、デパート、コンビニエンスストアなど日本のきめ細やかなサービスが外国からの訪問客に評判となっています。
「お・も・て・な・し」の実例を考え、併せて 美しい立ち居振る舞いも実践してみましょう!

写真は、グローバル観光学コース東京研修で訪れた、迎賓館赤坂離宮。外国からの賓客をお迎えする迎賓館ですが、和風別館や京都迎賓館もあります。