生活文化専攻

ファッションビジネスコース

MOVIE
ファッションビジネスコースを動画で紹介!

どんな知識・能力を修得する学びなのか

“ファッション業界の次代の創出をしていく”
ファッションビジネス分野で活躍するために必要な「時代を創造する力」「感性を磨きニーズに沿ったコーディネート提案力」「発想を表現して伝えるプレゼンテーション力」を高め、顧客を感動させる感性を育てます。

卒業後に目指す職種

  • ショップスタイリスト
  • ファッションアドバイザー
  • スーパーバイザー
  • ヴィジュアルマーチャンダイザー
  • バイヤー
  • マーチャンダイザー
  • コーディネーター
  • デコレーター
  • スタイリスト
  • PR
  • SNS・WEBサービス 等

学びのポイント

活躍に必要な基礎知識

造形の三要素やファッションの地位・分類をはじめ、売場づくりや接客の基本とマナー、時代別の消費とトレンド分析など、基礎知識を習得します。

観る・聴く・調べる力

自身の「観る力」「聴く力」「調べる力」を養い、顧客の価値が多様化する時代の“商品・サービスが売れる・選ばれる仕組みづくり”を学びます。

自己強化を知り、育てる

自らの意欲や内なる可能性を自分自身で引き出していく力「セルフエンパワーメント」を育てるために、現場適応能力とコミュニケーション能力を養成します。

WEB販売

ファッションビジネス業界において、ネットビジネスは欠かすことができません。WEBサイトの現状や、広告サイト、HPの制作方法などを習得します。

映画とファッション

ファッションを伝えるメディアのひとつとして映画を捉え、映画の中のファッションがその時代にどのような役割を担っていたかを学びます。

リテイルマーケティング

マーケティング、マーチャンダイジングをはじめとする流通・小売業で必要な基礎知識から専門知識を身に付け、「販売士2・3級」の取得を目指します。

資格・就職

メインとなる資格

国家検定

商品装飾展示技能検定3級

内容

商品装飾展示技能士は店舗や企業におけるヴィジュアルマーチャンダイザー(VMD)、百貨店や商業施設のウインドウ・商品展示(ディスプレイ)を行うスペシャリストとして、色彩や空間を活かしアイディアをカタチに魅力的な売場づくりと商品プレゼンテーションを担います。キャリアアップのために、業界で働くひと達の受験者も多く、1級(7年以上)、2級(2年以上)は実務経験が必要となります。

取得可能な資格・検定

  • パーソナルカラー検定2・3級
  • F.S.A Styling Map検定
  • 販売士2・3級
  • 色彩検定2・3級
  • ファッションビジネス能力検定2・3級
  • 秘書技能検定2・3級

主な就職先

【総合アパレル企業】
(株)ユナイテッドアローズ/(株)ベイクルーズ/マークジェイコブスジャパン(株)/(株)アダストリア/(株)サンエーインターナショナル/アイア(株)/(株)アンビデックス/(株)上野商会/ (株)エスグルーヴ/(株) F・Oインターナショナル/(株)オンワード樫山/カーハート/(株)キャン/(株)グッチグループジャパン/(株)サマンサタバサリミテッド/(株) サンエービーディー/(株)三陽商会/(株)シティヒル/(株)ジャバコーポレーション/(株)ジャパンイマジネーション/(株)バロックジャパンリミテッド/ (株)ジョイックスコーポレーション/(株)ストライプインターナショナル/(株)チュチュアンナ/(株)TSIグルーヴアンドスポーツ/ (株)東京芸夢/(株)トゥモローランド/(株)ナイスクラップ/(株)ナルミヤインターナショナル/ (株)パルグループ/(株)ファーイーストカンパニー/(株)ファイブフォックス/(株)フランドル/(株)マークスタイラー/(株)ヤマダヤ/(株)ヤングファッション研究所/(株)ルネ/(株)レイカズン/(株)ローズバッド/(株)ワールドストアパートナーズ 等
※ショップスタイリスト・ファッションアドバイザーからヴィジュアルマーチャンダイザー、バイヤー、マーチャンダイザー、PR、SNS・WEBサービス 等へ

Voice

graduate卒業生の声

株式会社ジョイックスコーポレーション
〈 ショップスタイリスト 〉

「好き」を仕事にすることの大変さ

私は「早く社会に出たい」という思いが強かったことから、4年制大学ではなく名古屋文化短期大学への進学を決めました。1年次にあった「キャリアデザイン」の授業では、自己分析や社会人としての基礎知識などをしっかりと学ぶことができ、自分が本当にやりたいこと・やできることが固まっていく実感があり、就職試験の面接時に受けることが多い「SPI」という適性検査も、授業内で経験していて良かったと思うシーンがありました。
2年次には履歴書の書き方といった具体的な個別指導もあり、憧れのアパレル企業に内定が決まったのも、同校だからこその確実なキャリアサポートのおかげだと感じています。先生も学生の立場や目線になって物事を考えて下さる方ばかりで心強かったです。もちろん、私自身も学生時代からアルバイトで経験を積み、就職活動も周りより早く行う努力をしてきました。
働き始めて感じたのは、大きいショップだったため覚えることがとても多かったことです。そして「好き」を仕事にすることはとても大変で、時には好きだったものが嫌いになる瞬間があるということです。しかし、続けていくうちに自身のやりがいや目標が明確になり、頑張るほどに以前よりもっと好きになることが分かりました。これからこの業界で活躍することを目指しているみなさんも、夢や目標を諦めず、根気強く物事が継続できる人間になれるよう頑張ってください。

inner decider内定者の声

株式会社ファイブフォックス
〈 ショップスタイリスト 〉

いろいろな職種に挑戦したいです

小さな頃から洋服が好きで、いつかファッションに携わる仕事にしたいと思っていました。高校生からは特に古着とバイイングに興味を持つようになり、クリエイター系の学校よりもファッションビジネスに強い学校を探し始めました。専門学校か短大か迷ったのですが、一般教養も学べた方が将来絶対に役立つと考え、名古屋文化短期大学への進学を決めました。
ファッションビジネスについて学ぶことは生まれて初めての経験です。接客マナーや語学、色彩学などたくさんの授業がありましたが、どれも新鮮な気持ちで授業に取り組めました。特に色彩学は普段の生活も取り入れられる要素が多くて興味が湧き、資格も取得しました。また、「ヴィジュアルマーチャンダイジング」という授業では、グループでアイデア案から出し合い、カレッジショップの色彩や空間を活かすディスプレイデザインを作り上げた実習が印象深いです。
就職先は「自分が着たい」と思える服を扱っている会社で働きたいという希望があったのもありますが、ファイブフォックスは幅広い年代や男女それぞれのブランドラインが魅力的に感じて志望しました。
人と話すのが好きなこともありショップスタイリストとして働き始めますが、ずっとファッションに関わり続けていたいと思っているので、販売だけではなく、アパレル企業の中でいろんな職種に挑戦したいと思っています。こんなビジョンが描けるようになったのも、名古屋文化短期大学でファッションビジネスのいろいろな分野を知ることができたからだと思っています。

course directorコース主任の声

コース主任

チャンスと学ぶ場を用意しています

ファッション業界の仕事というと、デザイナーなどクリエイティブなことが注目されがちですが、実は驚くほど幅広い仕事が存在します。例えば、個々のニーズに合わせるコーディネートが得意であれば「パーソナルスタイリスト」という道もありますし、ブランディングの一環を担い、店作りや接客スタイルをプロデュースする「ヴィジュアルマーチャンダイザー」、自社の商品をPRする「プレス」、店舗の装飾やショーウインドウディスプレイを行う「デコレーター」など、少し挙げてみただけでも、その多様さは伝わるのではないでしょうか。
本コースでは、自分の強みを活かせるファッション業界の仕事を見付けることができ、「ファッションを仕事にしたい」「業界で夢を実現したい」という人が、この業界で働くために必要な知識や技能を学ぶことができます。
また、時代の流れに合わせてカリキュラムも素早く更新しており、最近では、急速に広がるネットビジネス市場で力が発揮できるよう「ウェブ販売」や「ホームページデザイン」、「SNSの活用方法」などもいち早く取り入れました。
2018年度からは、1年次の終わりに、大学での実施はめずらしい「接客ロールプレイング大会」と、20社以上の企業様が本コースのためだけに説明会をしてくれる「企業研究会」を同日に行っています。参加企業様が大会の審査員をしてくださるので、学生は就職に向けてのアピールの場にもなり、説明会後の企業懇親会は気になる企業の方と直接話すことができるチャンスでもあります。
無限の可能性に飛び込むための学びと、広く開かれた就職への道を用意しました。自分が輝きながら働ける場所を、名古屋文化短期大学での2年間で一緒に探してみませんか。