学費サポートシステム

Tuition support system

Tuition support system

学費サポートシステム

文部科学省

高等教育の修学支援制度※名古屋文化短期大学は対象校として認定されました。

授業料や入学金の免除・減額と給付型奨学金の支給を利用したい方経済的な理由で学び続けることを諦めないよう意欲のある学生を支える制度です。

日本学生支援機構

日本学生支援機構奨学金

奨学金の返済は卒業後を希望する方高校在学中の成績を基準に入学年の4月から原則として卒業予定期まで奨学金を貸与する制度です。
また、返済不要型の奨学金もあります。

日本政策金融公庫

国の教育ローン

修学に関わる費用全般に利用したい方一度にまとまった費用を借りることができます。

市区町村

母子父子寡婦福祉資金貸与

ひとり親家庭に配慮された制度を利用したい方市区町村が入学資金と学費を貸与する制度です。

その他

その他地方公共団体

条件や団体から検索できます。

学費ローン

本制度は、名古屋文化短期大学に入学を許可された方及び在学生に対し、入学金・学費等について各種のローンや融資が受けられる制度です。
この制度をご利用の方は、保証人(保護者等)と相談のうえ、以下の制度をご検討ください。

Study Support System

高等教育の修学支援制度

※名古屋文化短期大学は対象校として
 認定されました。

本学は2020年4月から開始された、国の「高等教育の修学支援制度」の対象校に認定されました。新制度では、日本学生支援機構給付奨学金と併せて授業料等減免が受けられます。
日本学生支援機構給付奨学金の「予約採用」の手続きをされ、採用候補決定通知を受けた方も、入学手続締切日までに入学手続時納入金の全額を納入していただきます。入学後、所定の手続きを行うことにより奨学金の給付および減免額の還付を受けることが可能となります。

支援内容 ① 授業料等減免
② 給付型奨学金
支援期間 原則、標準修業年限
支援対象者 2021年4月以降に名古屋文化短期大学の学生であること
※現在休学中、留学中の方についても申請の対象となります。
支援対象者の認定条件

高等教育の修学支援制度の支援対象者の認定要件の詳細については、日本学生支援機構HPで確認してください。
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html

◎家計の経済状況に関する基準
 次のア・イいずれにも該当すること

  • 収入に関する基準
    第Ⅰ区分 学生本人と生計維持者の市町村民税所得割が非課税であること
    第Ⅱ区分 学生本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
    第Ⅲ区分 学生本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること
    ※支給額算定基準額=課税標準額×6%-(調整控除額+調整額)(100円未満切り捨て)
    詳細は日本学生支援機構が公開している「 進学資金シミュレーター」または日本学生支援機構該当ページを確認してください。

    「 進学資金シミュレーター」
    https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

    「日本学生支援機構該当ページ」
    https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/shikaku/zaigaku.html#kakei

  • 資産に関する基準
    学生および生計維持者の保有する資産の合計額が,次の基準に該当すること
    〔基準額〕
    生計維持者が2人の場合:2,000万円未満
    生計維持者が1人の場合:1,250万円未満
    ※資産とは,現金やこれに準ずるもの(投資用資産として保有する金・銀等,預貯金,有価証券の合計額を指し,土地等の不動産は含みません)。
    なお,資産に関する証明書(預金通帳のコピー等)の提出は不要です。

問合せ先

本制度の詳細は次のWEBサイトより確認してください。

文部科学省「高等教育の修学支援新制度」
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm

日本学生支援機構「給付奨学金」
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html

独立行政法人 日本学生支援機構 奨学金相談センター :0570-666-301(ナビダイヤル)
海外からの電話、一部携帯電話、一部IP電話からは03-6743-6100
月〜金 9:00〜20:00(土日祝日・年末年始を除く)

Services Organization Scholarship

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構

本学では日本学生支援機構の奨学金を利用することができます。希望者には入学後に説明会(2022年4月頃)を行います。
また、高等学校在学中に申込みができる予約制度があります。

第一種奨学金(無利子貸与) 第二種奨学金 (有利子貸与) 入学時特別増額 貸与奨学金
貸与月額 自宅通学者
2万円/3万円/4万円/5万3千円から選択
自宅外通学者
2万円/3万円/4万円/5万円/6万円から選択
2万円から12万円までの間で
1万円単位で額を選択
10万円から50万円までの間で
10万円単位で額を選択
利 率 利息なし 年利上限3%(在学中は利息なし) 算定方法は、
利率固定方式 または利率見直し方式からどちらか一方を選択
返済額の決定と
返還開始
返還額は返還方式や割賦方法、第二種奨学金の利率の算定方法により決定。
奨学金の貸与が終了すると、その翌月から数えて7か月目に返還が始まり、金融機関の口座から自動引き落としによって行われます。
申込資格
  • 1.人物・学業ともに特に優れた学生で、経済的理由により修学に困難があると認められる人
  • 2.家計を支えている方の収入が機構で定められた収入基準以下であることが必要
貸与期間 入学年の4月から原則として卒業予定期まで
保証制度 「機関保証制度」または「人的保証制度」の2つがあり、 奨学金の貸与を受ける本人がいずれか一方を申込時に選択
問合せ先

日本学生支援機構「給付奨学金」
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html

独立行政法人 日本学生支援機構 奨学金相談センター:0570-666-301(ナビダイヤル)
海外からの電話、一部携帯電話、一部IP電話からは03-6743-6100
月〜金 9:00〜20:00(土日祝日・年末年始を除く)

ご利用の流れ

入学前に予約される場合

  • 高等学校で申込
  • 予約採用※
  • 出願
  • 合格・入学
  • 説明会に参加
  • 進学届けの提出
  • 採用決定
  • 奨学金振込開始

※募集期間等詳細は在学している学校に確認してください。

入学後に申込みされる場合

  • 出願
  • 合格・入学
  • 説明会に参加
  • 申込み
  • 本学にて審査(人物・学力)
  • 機構にて審査(家計)
  • 採用決定
  • 奨学金振込開始

※予約採用とは

進学先が確定していなくても、入学前に奨学金を予約できる制度です。進学の前年に在学している高等学校等の奨学金窓口に申し出て手続きをします。

※予約採用確定の方は

個別に奨学金振込開始までの間の学費納入スケジュールのご相談を承ります。

Education loan

国の教育ローン

日本政策金融公庫

融資対象 本学に入学・在学する人の保護者
利用申込者が扶養する子供の人数によって所得基準が異なります。
融資額・返済期間 学生1人につき350万円以内(一定の要件に該当する場合は450万円以内)
返済期間は15年以内
利率 固定金利 年1.68%
※利率が金融情勢によって変動しますので、お借入金利(固定)は、記載されている利率とは異なる場合があります。
元金据置期間 在学期間以内(返済期間に含まれる)在学期間内は利息のみの返済とすることが出来ます。
使途 学校納付金、受験にかかった費用、アパート・マンションの敷金・家賃、教科書代、通学費用など
保証 保証人1人以上または公益財団法人教育資金融資保証基金
問合せ先 日本政策金融公庫 教育ローンコールセンター
ナビダイヤル:0570-008-656
受付時間/月~金 9:00~21:00、土曜日 9:00~17:00
ホームページ:http://www.jfc.go.jp/
※返済シミュレーションより返済額を試算することもできます。インターネット申込み可能。

Welfare Fund Lending

母子父子寡婦福祉資金貸与

ひとり親家庭に配慮された制度を利用したい方のために市区町村が入学資金と学費を貸与する制度です。お住まいの各市区町村へご確認ください。

Other

その他地方公共団体

日本学生支援機構ホームページより「条件」や「団体名」から検索を行うことができます。2020年12月現在、753団体が掲載されています。